東京と神奈川県 隣接県の引越しでモットも安い価格を知るには?

東京−神奈川県間の引っ越しで大手のサカイ、アートや地域系の中小業者のいずれが他社よりも安く、そしてコスパが良いのか?私達が知ることが出来る唯一とも言って良い手段が引越し見積もり一括比較サービスで出来るだけ多くの見積もりをいただいて、各会社の概算価格を比較してみることなのです。もうすでに「テレビでも有名なあの大きな会社にしようかな・・」だとしても、大損をしたくなかったら絶対に一括見積もりサービスにて他社の価格と比較を行ってみるべきです。

 

見てビックリ!他所の方が30%も安かった!のような経験者も多くいらっしゃいます。数週間後に、「やっぱり利用しておけば、美味しいものが食べられたのに・・・」と後悔しても後の祭りです。

 

これから東京−神奈川県間の引越し予定があるなら可能な限り運搬費用が激安な業者を利用したいのは当然です。ですが、頻繁に住まいを替えるために引越しされているような方でなければ料金の目安も知らないですよね。引越し手段のうち「トラック帰り便」は、業者の予定次第となってしまいますので、利用したくても厳しい!という方もいるかもしれません。さりとて例をあげれば、転居先が遠いところであればかなり安く引越しができますので、「なんでもいいから、安く引越したい!」という方に向いています。家具だけ引越す場合、関東・関西圏であれば多数便があるはずなので、利用してみたい方は業者へ問い合わせると良いでしょう。

 

東京⇔神奈川間の引越し専門業者の料金はどのくらい?

以下に目安としての価格を見てみましょう。東京−神奈川県間の引越しではひとり暮らしで3万円〜8万円、夫婦2人程度の世帯で5万円〜10万円ほど、ファミリー世帯で6万円〜18万円くらい、4人を超えるような世帯で10万円〜30万円ほどとなるようです。もちろんこれは平均的な基準であってそれぞれの個別ケースで大きく変わると捉えておいてください。荷物量や特殊な運搬(ピアノやエアコン)などあなたの住まいや荷物量によってかなり違います。

 

午前から東京⇔神奈川間の引っ越しを開始する場合

朝一便・午前便なる引越し方法がありますが、要は1日のスタートとして執り行う引っ越し手段のことです。大体の場合、午前8時もしくは9時に始まることが多いです。転居先・荷物量等を事前に業者に伝達しておけば、終了の目安となる時間を伝えてくれます。当然ではありますが、料金は他の便より高めです。
午前便を利用する利点ですが、その日業者が1番に行う作業であり、特に消耗しているわけではないので、事故を起こすことは滅多にないのです。それに、作業開始時刻はAM8時〜9時くらいと大体決まっているため、何時に業者が訪れるのか頭を悩ませる必要がないのです。そして、作業はお昼までに大体完了するので、PMになれば荷物の開封作業ができるようになります。

 

東京⇔神奈川間の単身プランの利用について

東京−神奈川県の引越しで格安と思われがちな独身者向けのプランですが、日本通運(日通)のワンルームパックは週末価格があり、5,000円ほど価格がアップします。クロネコヤマトの単身引越しサービスはシーズン加算(引越しが集中する3月の後半から)された価格となりますから注意です。アート引越センターなどの大手専門会社の1K・1DK・ワンルーム相当のプランは見積りが必要になります。

 

東京−神奈川県間の引っ越しでは各業者の見積もりを比較することが必須です!

引越し業者の請求額は運搬する荷物&距離から基本的なものが決まるはずですが、会社によって費用が変わるのは割り当てるスタッフやミスマッチしたトラック、荷物の運搬方法、作業開始時間、有料サービスを利用する・しない等により費用がかなり変わります。荷物量に比べて作業員が多すぎたりするとかなり上乗せされて請求されることもあるので必ずできるだけ多くの業者の見積もり比較をするのが欠かせないこととなります。

 

近々、実行する東京−神奈川県間の引越しを損をすることなく済ますには何を差し置いても、見積もり一括サービスを使うべきです。タダで使えますし、文字通り一括で8〜10社ほどの専門業者から予定日の見積もり概算が取り寄せられますので電話で何件も問い合わせる必要がありません。これまでに延べ2,000万件を突破した紹介の実績がありますので使わない選択肢はあり得ない有名サービスとして根付いています。以前に頼んだことがある引越し会社がリーズナブルだったから、という訳でリピーターの方もたぶんいるのではないでしょうか。ところがですね、その決定は正しいとは言えません。全国規模、地域業者にかかわらず引越し費用は意外に運とタイミングによって変わる側面も持っているので今回もまた安いとはならない可能性も高いのです。つまりは引越し費用は相場みたいなものと言われる通りなのです。一括見積もりサービス(無料)を絶対に利用しましょう。

 

東京−神奈川県間の引越し価格の相場は?

東京⇔神奈川間で引越しする場合、料金相場はどのくらいなのでしょうか?
早速見てみましょう!

 

とはいえ、どの都市を行き来するのかによって、料金は大幅に変わってきます。
移動距離というのは、引越し料金を決めるためにとても重要な要素です。
モチロン距離だけですべては決まりませんが、距離があればあるほど
料金があがってしまうのです。

 

以下に、各都市間の距離の一例をまとめてみました。

 

★東京23区池袋⇔横浜市   約44km
★東京23区新宿⇔川崎市   約26km
★東京23区上野⇔鎌倉市   約64km
★東京23区渋谷⇔湘南市   約54km
★東京23区世田谷区⇔三浦市   約69km
★東京23区新小岩⇔横須賀市   約75km
★八王子市⇔平塚市   約43km
★武蔵野市吉祥寺⇔相模原市   約40km
★立川市⇔茅ヶ崎市   約51km
★町田市⇔小田原市   約53km

 

同じ東京都⇔神奈川県間の引越しであっても、移動距離があればあるほど、数千円〜数万円単位で料金は
高くなっていくのです。

 

引越し人数によっても、料金は変わってくる!

引越し料金は、距離だけでは決まりません。
引越す人数によっても、料金が変わってくるのです。
荷物の総量が増えるわけですから当然ですね。

 

では、結果的に料金相場はいくらくらいなのでしょうか?以下の表にまとめてみました。

 

単身(荷物少ない) 2万円〜4万5千円
単身(荷物多い) 3万5千円〜7万円
二人 5万円〜9万円
三人 7万円〜12万円
四人以上 9万円〜15万円

 

 

隣県の引越しと言うことで比較的近距離なので、極端に高い!
というわけではありませんね。
ですが、江戸川区⇔箱根町の場合と、町田市⇔大和市の場合では金額は
全然違ってきます(前者は遠距離、後者は近距離)。
そう考えると、業者による確実な見積金額がほしいところです。

 

そこで役に立つのが、無料で複数業者からカンタンに
見積もりを取ることができる
★★一括見積もりサービス★★
です。

 

 

後から「ああっ!6万円くらい損したかも!?」なんて後悔したくないなら
>>>無料一括見積もりClick!!!

 

【一括見積もりサービス】が東京―神奈川間の引越しをお手伝い!

一括見積もりサービスは、必要な情報を入力するだけで、

東京や神奈川で営業している10社程の業者を
選択し、見積もりを出してくれるというお得サービスです。

 

東京も神奈川もとにかく引越し業者の数が多いので、「星の数ほど業者があるから、
どこに頼んだらいいかわからないよ〜〜〜〜っ!!><」と迷うことはありません!

 

楽に、素早く、何よりオトクに引越しができる業者を短時間で見つけるためにも、
ぜひぜひ、一括見積もりサービスを使ってみて下さいね::・'゚☆。.::・'゚★。.::・'゚☆。ヽ(*⌒∇⌒*)ノ::・'゚☆。.::・'゚★。.::・'゚☆。

 

東京⇔神奈川の引越しは、一括見積もりサービスを使ってお得にすませよう!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

比較する事で良い引越し業者を選ぶ事ができる

引越し業者を選ぶ時には、比較検討が欠かせません。一か所だけを調べて決めるというようにはしないようにします。

 

いくつか複数の候補を挙げて、その中から、自分がお得だなと感じるようなところをチョイスしていくといいです。

 

今後また引越しの機会が出てきた時に、その都度利用する事ができるような、安心できる引越し業者を選んでいくと、損する事がないです。

 

引越し業者を初めて探すという方は、最初は、探し方に戸惑うかもしれませんが、相場というのも、ネットで調べればすぐに分かりますし、無料のお見積り額計算機能をとりつけているようなwebページも多いので、とても助かるはずです。参考にしてみて下さい。

 

無料のお見積りは、何度利用しても無料ですので、途中で荷物の数が変更になった場合や、家具が増えたという場合も、何度でも見積もり額を調べる事ができます。段ボールの個数が増えても追加料金がかからないというところもあります。料金の設定の仕方というのは、その会社によってまちまちです。

 

有名な名前の会社だからといって、必ずしも、安くてサービスがいいというような事ではありません。穴場のような業者もありますので、是非そのような業者なども目的に探してみるといいです。見積額が出ましたら、それがたとえ思ったよりも安かったとしても、他の業者の見積もり額も調べ、比較していくという作業が必要になってきます。

 

東京⇔神奈川県間の引越し準備期間に積極的にリサイクルを

不動産業者とよく話し合い物件を決めた後は、見学の際に測った新住居の間取りとご自分の荷物の寸法とを照らし合わせて見て下さい。寸法的に入るなら問題ありませんが、ベッドや冷蔵庫などで新しいお部屋へ入りそうに無い物が出てきた場合は、リストアップして後でまとめてリサイクル業者に持って行きましょう。具体的には先ず始めに近くのリサイクルショップに連絡して見てそれらが売れそうか、また引き取りに来て貰えるのか確認して見て下さい。またそれらの作業が面倒な場合は市や区の窓口に問い合わせ、引取り日時を指定し引き取ってもらいましょう。

 

次に「ご自分の予算内で出来るだけ安くより良い物に買い換える」をキーワードに物事を進めて行きます。せっかくの引越しですので新たに足りなくなった物を新たに買い足して行くチャンスです。冷蔵庫や洗たく機、またピアノの練習をしたくても運ぶことが出来ない場合は電子キーボード、などこういった感じの物はほとんどがリサイクルショップで安価で提供されています。お金に余裕のある方はインテリア店、電化店で新しく買い揃えるのも良いでしょう。人生において引越しはそう何度と経験するものではありません。気持ちを新しくリフレッシュしてやっていくためにもここはご自分の予算範囲内で出し惜しみせずどんどん買い換えても良いのではないかと思います。

 

また今まで古いデスクトップパソコンを使っている方も買い替えの丁度良い機会かも知れません。パソコンに関しては一般のリサイクルショップよりも専門店や安価な通販サービスを利用した方が安く上がります。

 

東京、神奈川の新居への荷物の搬入について

ご新居への搬入に関しましては、基本引越し業者に大まかな部分は任せておいて宜しいかと思います。やはりその道のプロですしとりわけ大きな荷物から能率よく搬入してくれる事と思います。この際、大きな荷物はもう一度場所を変える必要が無い様よく考えて搬入してもらいましょう。

 

次にダンボール類などの搬入をしてもらう訳ですが、コツとしましては最初にベッドをセットしてもらいその上に衣類など軽めのダンボールをどんどんおいてもらうと良いのではないかと思います。比較的重いダンボールは部屋の隅、すぐにでも開ける必要のあるダンボールは部屋の中央など区分けして搬入してもらいます。これは一例ですが、ダンボールの重さと重要度で区分けして荷物を搬入してもらうのが基本となります。

 

一通りの搬入が終わりましたらまず部屋の中央にセットしてもらった荷物から空けて行きましょう。ここでは特に部屋の照明やパソコンとその配線、湯沸かし器、テレビ、電源コードなどが該当します。これらのセッテイングと電源コードの配線が終わりましたら、次はベッドの上にある軽めのダンボール類を空けて行きます。時間がかかるかもしれませんが、ベッドの上にあるお荷物はその日の内にセッテイングを完了しておきましょう。その日からそこで夜眠れるようにしておいて下さい。またダンボールを空けていく際相当な量なのゴミが発生します。ゴミや使用済みのダンボールを整理しながらセッティングするのは当然ですが、それらに混じって指輪やカードなど貴重品を一緒に捨ててしまう事の無い様お気をつけ下さい。